1歳〜大人まで楽しめる!おすすめ絵本『バムとケロ』シリーズ

数年前息子が保育園で借りてきた『バムとケロ』シリーズの絵本。

大きな書店では必ずといっていいほど置いてある人気の絵本ですよね。

我が家の子どもたちも大好きで、ボロボロになるまで読んでいます。

そんなバムとケロのおすすめポイントを、おすすめしたい年代別に熱く語ります!

幼児向けだけど、大人も楽しめる絵本です。

『バムとケロ』は1歳から楽しめる

少し字が多めで読み聞かせに時間がかかるので、1歳だと聞いていられないかな?と思いきや、細かく描き込まれた絵が1歳児には面白いみたいです。

ウォーリーをさがせ!』ならぬ『モグラさんをさがせ!』みたいな感じで、好きなキャラクターを探しながらページをめくっていくと、1歳もとっても楽しめます。

うちの1歳娘は好きすぎてしょっちゅう抱いて寝ています。

ストライクゾーンの3~4歳に楽しいストーリー

マンガみたいなオチがおもしろい『バムとケロのさむいあさ』

ドーナツをつくるシーンにわくわくする『バムとケロのにちようび』

何度読んでも飽きずに「読んで~」と持ってきます。

ちなみに4歳息子は『バムとケロのおかいもの』が一番のお気に入り。

絵本にも登場するこのマグカップも愛用しています。

娘は絵本の中で同じマグカップを見つけて「お兄ちゃんの!」

子育てパパママ的にはバムちゃんがスゴイ

ケロちゃんはまるで幼児みたいです。

雨の中どろんこになって家に入ってきたり、トイレットペーパーでいたずらしたり、欲張って昼ごはんを買いすぎて食べきれなかったり・・・

絵本の中のケロちゃんはとってもかわいくてほほえましいですが、それを片付けたりするバムちゃんを自分に置き換えてみるとめちゃくちゃ大変です。

手がかかるケロちゃんに手を焼いているけれど、スマートに淡々と対応し、時には有無を言わさずお風呂に突っ込んだりして、自然体でそれを楽しんでいるようにも見えるバムちゃんが子育て世代的にはスゴイと思うのです。

子育てのヒントをくれる絵本として、いつか子どもたちが卒業してしまっても、私にとっては愛読書であり続けるような気がします。